薄毛であることを誹謗中傷してしまうと、警察に捕まる場合がある?

誹謗中傷で捕まるときの罪状は?

誹謗中傷で捕まるときの罪状は?

インターネット上では、様々な悪口や誹謗中傷を見かけますが、これはどういった罪状にあたるのでしょうか。

インターネットの掲示板などで、公然と(つまり、不特定多数の人が認識できる状態で)誹謗中傷をすることは、「名誉棄損罪」もしくは「侮辱罪」となり、れっきとした刑法上の犯で、場合によっては逮捕されることもありえます。

両者の違いは何でしょうか。「名誉棄損罪」は、「公然と事実を摘示して名誉を棄損すること」であり、例えば、「A氏は不倫をしている。」といった内容を掲示板に書き込む行為です。(この事実が真実か否かを問いません。)

他方、「侮辱罪」とは、「事実を摘示せず、人を公然と侮辱すること」です。たとえば、もっぱら他者の人格等を蔑視する行為(バカ、アホなど)を指します。

相手の情報を伏せて「ハゲ」と罵るのは犯罪?

相手の情報を伏せて「ハゲ」と罵るのは犯罪?

相手の情報を伏せて「ハゲ」と罵ることのみで、誰から見ても完全に該当する人物を特定できない場合は、犯罪として立証するのは、非常に困難です。

その一方で、例えば、社内にハゲに該当する人物が一人しか在籍しておらず、明らかにその人物を指して罵っていることが容易に想起されるケースでは、当人に向けられた言葉だと認定することができます。

また、普段から仲が悪く、以前直接「ハゲ」と罵ったことがあれば、ここでも同じ言葉で罵った可能性があると想像できる場合があります。

さらには直近に二人で合って言い争いがあったなど、仲違いとなるきっかけがあり、明らかにその人物を罵るのが目的で発せられた言葉であると容易に想像できれば、直接本人に向けて罵ったものと同様だと受け取ることもできます。

これらが認定されるケースで、本人が苦痛に感じることがあれば、名誉毀損や侮辱罪で訴えることが十分可能です。

SNSやネット以外の発言も誹謗中傷になる?

SNSやネット以外の発言も誹謗中傷になる?

具体的な氏名を挙げて、特定の人物や店舗を一方的に誹謗中傷する行為は、名誉棄損になります。SNSを利用する人々が急増して来ましたが、ネット空間もまた公共の場の一部です。

発言には十分注意し、限度を超えた投稿は自重しましょう。表現の自由が保証されている日本の国ですが、特定個人をSNSで執拗に誹謗中傷すれば、名誉棄損で訴訟される恐れがあります。

またSNSやネット以外でも、公共の場で特定個人を誹謗中傷すれば、同じく名誉棄損の条件が揃い、訴訟の恐れが出てきます。

大勢の人々が行き交う駅前や老若男女が利用する公園、たくさんの買い物客が行き交うショッピングモールの一角などで、執拗に特定個人を誹謗中傷すれば、トラブルの原因となります。