薄毛であることをネットやSNS上で誹謗中傷されてしまったら?

SNSで薄毛と誹謗中傷されたときの対処法

SNSで薄毛と誹謗中傷されたときの対処法

もしもSNSで薄毛と誹謗中傷されたときは、まずは、書き込みをした本人にアプローチし、理解を求めて該当する記事を削除してもらうのがいちばんの方法ですが、実際には、なかなかそのような訳には行かないのが実情です。

多くのSNSでは、社内の法務部に苦情申し立ての窓口を設けており、ユーザーはもちろんのこと、外部からの申し立てを受け付けています。

利用規約として、誹謗中傷の禁止を掲げているSNSであれば、運営側と当事者が話し合いの上、本人自ら該当する記事を削除することを促します。

それに応じなかった場合は、運営側で削除したり、アカウントの凍結や、今後のサービスの利用を一切拒絶するバンという厳しい措置が執られることもあります。

運営側の措置が期待できないケースでは、弁護士に相談することで、弁護士からSNSに対して削除要請をしたり、刑事、民事に該当する事案である場合は、裁判所から削除命令を要請することもあります。

誹謗中傷と判断される条件とは?

誹謗中傷と判断される条件とは?

誹謗中傷と判断される条件は被害者が不当に自分の権利を害されたと感じたかどうかです。ここで重要なのは加害者の考えではないということです。被害者がそう感じているのかどうか、それが不当なものであるのかということが条件となるということです。

今はネットで簡単に情報発信が出来るようになっていますから、知らず知らずのうちに誹謗中傷をしているようなこともあります。これは加害者の意図とは関係ないからです。

むろん意図的に誹謗中傷をしているときには、それも当然対象となります。被害者がそう感じない場合でも悪意を持って他者を誹謗中傷するときにも対象となります。

誹謗中傷の影響は直接的な被害者だけではなく、それまで関係なかった人にも影響を与えることになります。

誹謗中傷で犯人が逮捕されるとどうなる?

誹謗中傷で犯人が逮捕されるとどうなる?

誹謗中傷で犯人が逮捕されると、刑事手続きにのっとって手続きがなされます。これについては、刑事訴訟法に規定があります。ただし、誹謗中傷で逮捕がなされるとは限りません。

逮捕は身柄拘束をするための措置ですが、これは証拠の隠滅や逃亡などの恐れがある場合にのみ令状請求をするからです。逮捕せずに、基礎をして裁判に移行するという場合もありますし、不起訴になることもあります。

これらの詳しいことについては、刑事訴訟法を読めば直ちにわかるというものでもありません。

法律の条文は法律に慣れていない人にとっては良くわからないことであるためです。そのため、もしこれについて詳しく知りたいならば、解説をしている本を読むと良いでしょう。