女性なのに薄毛だと言われたら、誹謗中傷を受けたことになるの?

女性なのに薄毛だと言うのは誹謗中傷?

女性なのに薄毛だと言うのは誹謗中傷?

女性なのに薄毛ということが誹謗中傷になるのかというと、ネット上で氏名や顔写真などを明かしたりして、おもしろおかしく吹聴すれば立派な誹謗中傷になるでしょう。

特に女性の容姿については、とてもデリケートな話題なので、仮に冗談だとしても、軽々しく触れ回るのは問題があると言わざるを得ません。特に薄毛というのは良いイメージがないため、誹謗中傷だととらえる女性も多いと言えます。

とかくインターネットでは、匿名性を良いことに考えなしで物を言う人間が多い世界です。いちいちそれに悩まされるのも馬鹿馬鹿しいですが、だからといってからかう側に回るのは感心できません。

男性以上に女性は外見の見られ方に敏感です。おもしろがってあげつらうような真似はやめましょう。

薄毛、ハゲという言葉は侮辱?誹謗中傷?

薄毛、ハゲという言葉は侮辱?誹謗中傷?

髪の毛は、身体的な意味での健康には直接関係していませんが、見た目を左右する重要なポイントとなっているのは間違いありません。このために、いわゆる薄毛(ハゲ)と呼ばれる状態となると、様々な不利益を被ることになります。

つまり、からかいや冷笑の対象となるということです。ただし、この様な状況は少しずつ変わってきており、身体的な特徴をからかうことは誹謗中傷や侮辱にあたるという認識も広がっています。

実際に、職場で薄毛(ハゲ)をからかわれて体調を崩し、休職に追い込まれた人が損害賠償を求めて訴訟を起こすという事態も発生しています。

この裁判では、薄毛(ハゲ)をからかった上司と同僚の二人が200万円を支払うという形で和解が成立していますが、将来的にはさらに罰則が重くなると推測されています。

相手がハゲていることを迂闊に指摘すると罪になる?

相手がハゲていることを迂闊に指摘すると罪になる?

相手がハゲであることを指摘する場と状況によっては、名誉棄損罪として罪に当たることがあります。不特定多数の聴衆がいるなかで、ハゲであることを全員に周知されうるようなやり方で指摘してしまうと、名誉棄損罪にあたります。

「ハゲであることは事実なのだからいいじゃないか」ではないのです。むしろ事実を適示しているからこそ、処罰の対象となってしまうのです。また、たとえ事実でなくとも公衆の面前でそのような指摘をした場合には、侮辱罪にあたることもあります。

軽い気持ちで相手の頭髪をいじっただけなのに、気が付いたらおまわりさんのお世話になっていた、なんてことになりかねませんので、迂闊にハゲであることを指摘するのは止めましょうね。